無料WEBレッスン初めてのテニス

ラケットの握り方

ラケットの握り方のことを「グリップ」と言います。いくつかの基本的なグリップをご紹介します。

1.コンチネンタルグリップ

コンチネンタルグリップの握り方
ラケットを地面に対し垂直になるように持ちあげ、利き腕で握手をするようなイメージで握ります。ポイントは人差し指と中指の間隔を空けることです。主にボレーやサーブを打つときに使うグリップです。

2.イースタングリップ

イースタングリップの握り方
ラケットを左手で持ち、右手をラケット面に当てます。そのまま右手をグリップまで移動させて軽く握ります。手のひらでボールを打つ感覚に近いため、始めたばかりの方には打ちやすい握り方です。

3.セミウエスタングリップ

セミウエスタングリップの握り方
最近の主流の持ち方です。イースタンとウエスタンの中間のグリップで、ラケット面がやや下を向きます。力が入りやすく、回転もかけやすいというバランスの良いグリップです。

4.ウエスタングリップ

ウエスタングリップの握り方
ラケットを地面に置き、上からまっすぐグリップを握る持ち方です。トップスピンがかけやすく、また高い打点でボールを打つのに適しています。

コーチが直伝★基本からマスターする
yI낢I[̌悤
ql̐