ラリーコミュニケーション

テニススクール・ノアのテニスは、楽しいテニス

ラリーコミュニケーションとはテニススクール・ノアの合言葉

水色の服を着てラケットを持ったコーチと、ピンクの服を着ているスタッフラリーコミュニケーションという言葉は、テニススクール・ノア全校で使う合言葉です。この合言葉には、私たちテニススクール・ノアが大切にする思いが込められています。

パートナーとラリーを続けるためには、いくつか必要なことがあります。相手への思いやりがあること、テニスが楽しいと感じること、テニスの技術があること等です。


「周りの方を大切にしたい」
「テニスを通じて生活が楽しくなった」
「テニスが上達した」

そうお客様が感じてくださることをテニススクール・ノアは大切にしています。

テニススクール・ノアだけのラリーコミュニケーション

私たちは一人一人のお客様を大切にし、そして少しでも楽しく充実した時間をお過ごししていただきたいと願い、様々な工夫をしています。 その原点は、お客様を大切にする気持ちです。 レッスン中、お客様とさせていただく一球一球のラリーをテニススクール・ノアのコーチは大切にします。
コーチもフロントスタッフも全員で、コートの中でも外でも、「一球一球のラリー」のように心をこめて私たちはお客様と接することができるようになりたいと願っています。
私たちテニススクール・ノアは、地域に求められる、一人一人のお客様に求められるラリーコミュニケーションを目指します。

お客様が作るラリー

お集まりくださるお客様が作る
ラリーコミュニケーション

レッスン中、お客様同士がラリーをされることがございます。また、レッスンの合間やレッスン前後等にお客様同士がお話をされることがあります。
お客様同士のコミュニケーションが、少しでも楽しいものであるようにとテニススクール・ノアは考えています。 ロビーで和気あいあいと歓談されているスタッフとお客様

私たちスタッフが作るラリー

私たちスタッフが作るラリー
コミュニケーション

私たちコーチ・フロントスタッフは、常にお客様から勉強させていただき、スタッフ同士で話し合い、また社内カリキュラムの中で勉強し、より楽しい時間をお客様にお過ごしいただけるように常に成長を心がけています。 「お客様のために!」、そのために私たちは一致団結します。これが我々スタッフが作るラリーコミュニケーションです。 受付でお客様とコミュニケーションをとっているスタッフ